あらゆる角度から便利を提供してくれる東京のバーチャルオフィス

Virtual Office

バーチャルオフィスのオプションサービス

女性

仕事は自宅で完結することが出来るので、わざわざ賃料を払ってオフィススペースを借りる必要はないという場合は、バーチャルオフィスと契約するという方法があります。
実務上はオフィス不要でも、体裁のため、セキュリティのためなど、様々な事情でレンタルできるビジネス・アドレスが必要な人も多く、そうしたニーズに応えるべく誕生したのがバーチャルオフィスサービスです。東京には特に業者が多く、貸出している住所も東京都内一等地のものも少なくありません。
バーチャルオフィスは、ビジネス用の住所等を借りられるだけのサービスではありません。オプションとして、例えば、電話応対を代行してくれたり、郵便物を転送してくれるなどのサービスを提供しているところもあります。こうした付加サービスは有料のことが多く、利用を希望する場合は内容と利用料を業者に確認しましょう。
こうしたオプションのサービスをいくつか追加で利用したとしても、バーチャルオフィスは、物件の使用を伴わないという性質上、レンタルオフィスに比べるととてもお安く利用できる点が最大のメリットです。
東京のビジネスアドレスが必要な方は、まずはバーチャルオフィスの活用を検討してみましょう。

バーチャルオフィスを利用して節税しよう

バーチャルオフィスとは、ここのところ東京や他の都市圏で盛んに利用されるようになってきたサービスで、ビジネス用の住所や電話番号を有料で借りることが出来るというものです。物件を使用しないサービスなので、月々の賃料は発生せず、レンタルオフィスでは支払う場合が多い敷金や保証金といった出費も必要ありません。そのため、安いところでは、東京都内でも年間で1万円未満の経費で利用できるとても便利なサービスです。
バーチャルオフィスを利用すると、自分が実際に仕事をしている場所の他に、東京都内の名の通った場所の住所をビジネス用のアドレスとして利用することが可能になります。これにより、クライアントから信頼を得ることが容易になったり、自宅住所を第三者に公開しなくて済むようになる等のメリットがあります。
もう一つ見逃せないメリットは、バーチャルオフィスで会社登記すると、居住のために借りている自宅の賃料の一部を、会計上、地代家賃という経費に含めることが可能になります。通常は自宅家賃は個人的出費の扱いになりますが、その一部を事業用経費扱いにすることで節税につながります。どの程度の節税効果が見込めるか、詳細は税理士さんに相談してみましょう。

バーチャルオフィスのオプションサービスで気をつけたいこと

東京都内、それもなるべく有名な場所に自分のビジネス用に住所を借りたい。そんな場合は、バーチャルオフィスというサービスを利用することができます。仕事をするためのお部屋を実際に借りるとなると、東京ではどんなに小さなところでも月額の賃料は数万円は下りません。更に、敷金や事務手数料などの出費も必要になることが多く、トータルではそこそこのコストになるでしょう。その点、バーチャルオフィスは年間でせいぜい数万円程度に収めることも可能ですので、執務スペース不要のビジネスをされている人にとってはバーチャルオフィスが最適な選択でしょう。
バーチャルオフィスのオプション・サービスとしては、電話関係のものがポピュラーです。これには、バーチャルオフィスのスタッフが、代理で電話応対してくれる場合と、バーチャルオフィスに電話が来た場合にそれを指定の番号に転送していただく場合の2種類があります。後者のオプションを利用する分には何も問題はないのですが、前者を利用する場合はちょっと注意する必要があります。東京ではバーチャルオフィス・サービスに非常に多くの業者が参入しており、サービスのクオリティもピンからキリまでというのが現実です。中には、この代理応答で非常にマナーの悪い業者もありますので、このオプションを利用する場合は、業者選びは慎重に行いましょう。


オプションやサービスが充実しているバーチャルオフィス格安なら【ナレッジソサエティ】ナレッジソサエティでは、事務所代の削減、登記などもできるので起業の方には最適のものだと言えます。

トレンド情報

自宅住所をホームページに掲載したくないならバーチャルオフィスを!

インターネット事業を行うのは会社や販売店だけでなく、個人というケースは少なくはありません。そして、インターネットシ…

more

バーチャルオフィスは事務局開設にもおすすめ!

世の中には、さまざまな事務局が開設されています。特に企業間の交流イベントを開催することもあり、異なる企業の社員が定…

more

バーチャルオフィスは営業実績づくりにも効果的!

起業する際、どうしても問題となるのが法人登記と営業実績、そして確定申告や納税が行われているかどうかです。特に法人登…

more
TOP